医療法人金子眼科医院

〒358-0003
埼玉県入間市豊岡1-4-31
【最寄駅】
西武池袋線、西武バス
入間市駅(徒歩3分)

国保、健保、労災、生保
各種保険取り扱い

駐車場 約25台

理事長 金子襄

(財団法人)日本眼科学会
眼科専門医

院長  金子卓

(財団法人)日本眼科学会
眼科専門医
PDT認証医(※)

※ 加齢黄斑変性に対する、光線力学療法

レーザー治療

網膜剥離の前段階である網膜裂孔に対し、網膜剥離への進展を予防するための網膜光凝固術や、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症を代表とする眼底出血や黄斑浮腫※に対する網膜光凝固術などの治療を行っています。

また、白内障の手術後しばらく経ってから、眼内レンズを支持している水晶体嚢に濁りが生じること(後発白内障といいます)があります。これが原因で、かすみ目や視力低下を生じた場合は、種類の異なるレーザー(Nd-YAGレーザー)を用いて治療します。

※黄斑浮腫とは:
黄斑とは網膜の中心部で視力、色、形を感知する。日常生活では「読み書き」に必要な高等な領域のことで、その部位が腫れている状態をいいます。